相続人同士が不仲な場合はどうしたら良いでしょうか?

2017年2月4日 相続

財産がある限り,遺言をするのが望ましいといってよいと思われますが,特に遺言が必要な場合を4つあげてみましょう。

1.夫婦の間に子供がない場合

子がない場合に夫が死ぬと妻が全財産を相続できると思っている人がいます。しかし夫に兄弟姉妹があれば,妻の相続分はその4分の3で,残り4分の1は夫の兄弟姉妹に行くことになります。

そこでこのような事態になるのを回避するための方策として夫が「全財産を妻に相続させる」という遺言をしておくのです。そうすれば遺言通り,妻が全財産を取得することができるのです。

2.相続人がまったくいない場合
この場合には,遺産は特別の事情がない限り国庫に帰属します。そこで親しい方やお世話になった方にあげたいとか,社会福祉法人,寺,教会等に寄付したいという場合にはその旨の遺言をしておく必要があります。

次のような方法もあるのでご参照ください。

日本財団 遺贈寄付サポートセンター


3.相続人同士が不仲または疎遠な時
例えば先妻の子と後妻との間では血縁関係がなく,とかく感情的になりがちです。遺言できちんと財産分けをしておかないと,遺産分割で争いが起こりがちです。また子供の間や夫婦の間で円満を欠くときも遺産争いとなる恐れがあります。

4.相続人以外の人に財産を分けてあげたいとき
長男が死亡したのち,その嫁が親の世話をしている場合,嫁は相続人ではありません。遺言をせずにその親が死亡すると,遺産は夫の兄弟姉妹が相続し嫁はなにももらえないことになります。

このような場合,亡き夫の親としたら遺言で相応の財産を嫁に贈与しておく必要があります。これを遺言による贈与「遺贈」といいます。内縁の配偶者も相続人ではありませんので同様のことが言えます。

日本公証人連合会 公正証書遺言のしおりから転記 一部加筆

Copyright© 2017 おぎはら司法書士事務所. All Rights Reserved.