業務案内

「法定後見制度」を利用してみませんか?

成年後見業務

成年後見業務

成年後見制度で一生涯をフォロー

成年後見制度は、精神上の障害(認知症・知的障害・精神障害)により判断能力を欠く方について、家庭裁判所に申立てをして、その方を援助する人をつけてもらう制度です。

成年後見制度は、どちらかといえば財産管理を重きをおいている制度です。後見人には、本人に対する身上監護義務がありますが、それは身上監護について配慮(手配をする)義務であり、本人の外出に常時同伴するとか、実際に同居する、介護するなどして面倒を見ることはできません。
活障害が解決するように医療・福祉の関係者と綿密に連絡を取ります。施設に入居したとしても、施設の居住環境、具体的なケア内容、心身の変化、権利擁護等に注目し、一生涯をフォローしていきます。

成年後見制度を利用しても、被後見人は自分の小遣いの範囲で買い物をしたり、外出をしたりといった日常生活を送ることは自由ですし、身分行為(結婚や離婚、養子縁組)も意思能力があれば制限はありません。

成年後見制度が利用される例

1.
精神障害・知的障害をもつ子供の面倒を長年見てきたが自分が老いてきた。子供の今後が不安だ。
2.
一人暮らしで判断能力が衰えているが、近くに面倒を見れる親族がいない。
3.
認知症の親の今後の生活費や医療費の支払いのため、不動産の処分をしたい。
4.
年金を同居の親族が管理していて、本人に満足な生活費を渡してもらえない。
5.
一人暮らしで財産が多額であるが、判断能力が衰えている。見慣れない人が出入りしているようだ。
6.
認知症の姑のアパート家賃の管理を頼まれているが、親族に使い込みを疑われてしまい困る。

成年後見人の仕事の例

売買
賃貸借
消費貸借
保障・担保物件の設定
預貯金の管理払い戻し
保険金の受領
遺産分割
実印の保管
年金などの受領及びこれに関する手続き

<身上監護に関する法律行為の代理>

介護契約
施設入所契約
医療契約
要介護認定の申請
税金の申告・納付

後見人は家庭裁判所の監督下にあるので、後見事務の内容につき1回程度、家庭裁判所に報告する義務があります。

成年後見開始の審判が一度下ると、後見人とご本人の関係は長く続きます。
箕輪町のおぎはら司法書士事務所 司法書士荻原うららが成年後見申立書類の作成を代行します。
お忙しい皆様のご都合に合わせてご予約を承ります。外出が難しいお客様のお宅にはお伺いをします。
成年後見申立書類作成・成年後見業務に関するお問い合わせは無料です。

まずはお気軽にご相談ください。 女性の司法書士が懇切丁寧にあなたのお悩みを親身サポートいたします。
  • 電話でのお問い合わせはこちら
    お問い合わせ0265-79-2315
  • WEBからのお問い合わせはこちら
    メールでのお問い合わせ
おぎはら司法書士事務所 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪12016番地4

Copyright© 2017 おぎはら司法書士事務所. All Rights Reserved.