相続放棄と相続の放棄の違いわかりますか?

2017年1月21日 相続

相続の放棄のはんこをつかされた)
一般的に使われる「相続を放棄した」
→もらう権利があったけれど,もらわなかった

こちらは法律的にいうと,
「遺産分割協議をして、財産をもらわない意思表示をした。」
という言い方があてはまるケースが多いでしょう。

相続人としての立場はあったが,長男に全部譲った 家の跡をとっている人に譲った, 嫁に行ったからもらわなかった といったケースが多いでしょう。

「相続人として,もらう権利があったけれど,もらわなかった」ということです。

一般的な「相続の放棄をした」は、私はその財産はもらいません。という意思表示をしただけですので,その他のものは相続されています。問題となるのは「負債」です。もらった財産がなくても,債権者に対しては、「私は放棄をしたので借金は知りません。」と言い張ることはできません。

「相続放棄」とういう言葉は似ていますが,法律的な効力は全く違うので,注意が必要です。

民法第907条第1項(抜粋)
共同相続人は,いつでもその協議で遺産の分割をすることができる。

知っているのと知らないのでは大違い⇒相続に関する記事

Copyright© 2018 おぎはら司法書士事務所. All Rights Reserved.